Premiere ProとAfter Effectsを連携させてテロップを効率的に挿入する方法

Affter Effects

Premiere Proでカット編集を行いながら、テロップはAfter Effectsで作って連携させたい時に、使える方法です。今回の連携方法を使えるようになると、編集を効率的にできるようになるので、ぜひ身に付けていただけたらと思います。

Premiere ProとAfter Effectsとの連携を動画で解説

Premiere ProとAfter Effectsとの連携のポイント

「新規項目」をクリックし「新規レイヤー」を選択して、挿入したい箇所に調整レイヤーをドラックアンドドロップする。 

新規レイヤー右クリックして、「After Effectsコンポジションに置き換え」を選択する。

After Effectsにある新規レイヤーを削除して、使いたいテロップのコンポジションをドラッグアンドドロップする。もしくは、タイムライン上で作る。

まとめ

いかがでしたでしょうか?Premiere ProとAfter Effectsの連携させると効率的に編集が進められることがわかったと思います。テロップのコンポジションの使い回しをしたい時は、書き出す必要がないので手間が省けると思います。この連携を活用してスムーズに編集していきたいですね。

Premiere Pro【ノンリニア編集編】2本セット[ダウンロード版]

収録時間 合計149分(74分+75分)
内容 ダウンロード販売、レッスンデータ
ビデオフォーマット:QickTimeMP4

CUBELiCのAfter Effects講座

内容 ダウンロード販売、レッスンデータ

ビデオフォーマット:QickTimeMP4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでshare lifeをフォローしよう!

中川 憲治

18,437 views

動画編集やWEB関連などを当ブログに書き出して2年後、12年間働いていた消防士を辞め、自分のやりたいことを仕事にしたいと考えてWEB業界に転職する。 自身の...

プロフィール

関連記事一覧