menu

選曲に迷ったときはコレっ!用途別に使えるiMovieのBGMオススメ10選

iMovieには豊富にBGMがありますが、多すぎてどこに良い曲があるかわかりませんよね。今回は、私がおすすめするiMovieのBGMを紹介します。どのような用途で使用したら、効果的な演出ができるか紹介していますので、ご覧下さい。

Fifth Avenue Stroll

主にピアノの演奏で、曲調が明るくて軽やかなので、それでいて落ち着く聞いていて心地よい曲調が汎用性が高いBGMとして使えると思います。私もよく解説動画で利用させていただいています。

Piano Ballad

これもピアノの演奏がメインでしっとりした雰囲気を出したい場合に使えると思います。レストランやバーのBGM,、切ない別れシーンや物思いにふける回想シーンに使えると思います。

ネオン

エレクトロミュージックとして、格好良さ、キレのよさなどのイメージを演出したい時に使えるBGMです。

モダン

ロックミュージックとして、テンポがよくリズムカルなので、スポーツや車やバイクの走っているイメージなんか使うのにも良さそうな曲です。

Undercover

教える動画でテンポよく解説をしたい時に使えると思います。明るい印象を与え、退屈させないという意味でも使うのには良いかもしれません。

シンプル

おそらく、iMovieのBGMの中で最も使われている曲で、聞いたことがある方も多いと思います。いろんな場面でも使えて、汎用性が高いBGMです。

Daydream

爽やかな曲調で、リズムもよく青空が浮かぶようなシーン、青春時代のシーンに使えそうなBGMです。

ニュース

よく結婚式の余興動画の出だしで、ニュース動画を使うのを見るのですが、その時に使えそうですね。他にもゲームの実況動画にも使えそうなBGMですね。

Starlight Lounge

落ち着いた中に、にぎやかざを演出するのに良いBGMです。明るくテンポが良いく気分を高揚させてくれると思います。

愉快

子供向けの動画に適したBGMだと思います。心を和ますほんわかして癒してくれる曲です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?私なりに感じた印象を言葉で表現して、それに合わせた用途を紹介しました。自分が編集した動画のイメージに合うBGMを探すのって案外大変なので、参考にしていただけたらと思います。
下にも、他にもおすすめするBGMのまとめも紹介していますので、そちらも見ていただけたらと思います。

iMovieの使い方を学ぶならオススメ↓

imovie使い方講座[ダウンロード版]

収録時間 38分
内容 ダウンロード販売、レッスンデータ付き
ビデオフォーマット:QickTimeMP4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでshare lifeをフォローしよう!

スポンサーリンク

動画でわかる!iMovieで音声や効果音を挿入して調整する方法

動画解説!PC画面のキャプチャ動画をiMovieのKenBurnsでズームする方法

関連記事

  1. これだけあれば憂いなし!Video Blocks使い方のまとめ。…

    あなたもご存知の海外サイトVideo Blocks ですが、動画素材の質が高いですよね。でも…

  2. After EffectsでCMのグラブル風オープニングを作成し…

    グランブルーファンタジーのCMが印象に残ったので、グラブル風のオープニングを作ってみました。…

  3. 動画解説!Encoreのライブラリを使ったメニュー画面付きDVD…

    前回、AdobeEncoreをインストールしライブラリを導入する方法を解説しました。今回は導入したラ…

  4. 登録前に知っておきたいVideo Blocksの料金と退会方法に…

    動画素材を提供するVideo Blocksについて、当ブログで紹介してきましたが、実際どのよ…

  5. これから最短でiMovieの使い方を覚えるなら、有料の動画編集講…

    これから初めてiMovieで動画編集を始めようとして、編集してみるけどなかなか上手くできないですよね…

  6. Video Blocksに解約について問い合わせたら、◯◯だった…

    当ブログではVideo Blocksの登録と解約の記事一番閲覧が多いのですが、その中で、多く…

  7. 動画編集初心者でも簡単にかっこいいテロップを作ることができるVi…

    動画編集されていて、テロップをつけたい場面って結構ないでしょうか? 今やテレビ番組ではも…

  8. Premiere ProとAfter Effectsを連携させて…

    Premiere Proでカット編集を行いながら、テロップはAfter Effectsで作って連携さ…

PAGE TOP