menu

CSVをエクセルで置換する際に数式が長すぎるとなる場合の対処法

現在、仕事でネットショップの商品登録をやってるんですが、商品数が多いと何か変更するとなるとものすごく大変ですよね。その時に使用するのが、CSVですね。たぶんこのページに来た人はもうすでにCSVで変更して、インポートしようとしているのではないでしょうか。
多くの人がエクセルでCSVを編集していると思います。そして、置換しようとしたら「数式が長すぎる」という警告が出て思うように変換できずに悩んでいるのかなと思います。そこで、あなたと同じように悩んでググって多くの時間を費やしてきた私が、ある方法で一括置換できたので、紹介したいと思います。マクロとか使わずに一瞬で変換できますので、ご覧ください。

「数式が長すぎる」ってなんなの?


Excelには数式文字列の制限があるみたいでExcel2003「1024文字」とかExcel2007「8192文字」とかみたいです。
ですから、もしバージョンが新しいExcelがあるなら、新しいバージョンで試してみるのが良いと思います。

新しいバージョンのExcelがない場合


Windowsにデフォルトから備えつけられているメモ帳というアプリケーションを使って、ツールバーの「編集」→「置換」から入り↑の写真のように入力して置換すると一発で一括変換できます。

まとめ

簡単に説明しましたが、メモ帳を使って変換すると文字数にとらわれず変換できます。VBAとか使わずにできるので、難しく考えなくて済むと思います。何事も簡単に済ませたいですよね。でも私はこんな簡単なことに何時間もかけてしましました。あなたにはそのような時間の無駄使いをしてほしくないですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでshare lifeをフォローしよう!

スポンサーリンク

「AfterEffects FIRST LEVEL」ゼロから始める人におすすめしたい参考書

Photoshop用アクションPerspective Actionsで簡単にレイヤーを3D化し奥行きのある平面にする方法

SHARE LIFEを書いています

中川憲治

動画編集やWEB関連などを当ブログに書き出して2年後、12年間働いていた消防士を辞め、自分のやりたいことを仕事にしたいと考えてWEB業界に転職する。

自身の体験談などを踏まえたブログを書くことにより少しでも読者に近づけていけたらなと思ってます。学びや気づきなど書いていきます。

スポンサーリンク

さくらとXサーバーの速度比較

最近の記事

PAGE TOP