menu

簡単!photoshopを使ったトイカメラ風写真の作り方

今や簡単にInstagramで写真を加工できるようになりましたが、自分の好きな色彩で微妙な調整をしたい時ってありますよね。今回はphotoshopを使って、撮った写真をトイカメラ風に加工する方法をご紹介したいと思います。彩度やぼかしなど自分で調整でき、思い通りの写真を加工することができますので、ぜひ、試していただけたらと思います。

得られるメリット

  • 写真にトイカメラの雰囲気を出せる。
  • 色彩やぼかしの微妙な調節ができる。
  • 場面によって効果的な印象を与えることができる。

左(加工前)右(加工後)

そのままの写真でも十分良いのですが、ひと昔前の雰囲気を少し出すため、全体を暖色系にして周囲に黒色のぼかしを入れました。これだけでも印象が変化したのがわかるかと思います。

トイカメラ風写真の作り方

①まず、写真素材をphotoshopに表示して、「色調補正パネル」→「明るさ・コントラスト」をクリックして、明るさを下げて、コントラストを上げて写真の奥行きを出します。色調補正パネルがない場合はメニューバーの「ウィンドウ」→「色調補正」をクリックして表示することができます。
明るさとコントラストの変更

         ↑クリックすると拡大できます。

②「色調補正パネル」→「自然な度」をクリックして、彩度を上げて色を映させます。

自然な

         ↑クリックすると拡大できます。

③「色調補正パネル」→「レンズフィルター」をクリックして、暖色系の色を選択して、適用量を自分のかけたい分だけ調整します。私の場合は70%としました。
レンズフィルター

         ↑クリックすると拡大できます。

④長方形選択ツールで写真の周囲の少し内側を選択します。
長方形

         ↑クリックすると拡大できます。

⑤オプションバーの「境界線の調整」をクリックして、選択範囲にぼかしを設定します。
ぼかし

         ↑クリックすると拡大できます。

⑥ぼかしを設定したら、選択範囲を反転します。
選択範囲反転

         ↑クリックすると拡大できます。

⑦レイヤーパネル右下からべた塗りをクリックします。
べた

         ↑クリックすると拡大できます。

⑧カラーピッカーから黒を選択すると、黒色のぼかしを設定できます。
色選択

         ↑クリックすると拡大できます。

以上でトイカメラ風写真が出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?簡単にトイカメラ風写真を作成できたと思います。色合いやぼかしなどは色々と数値を入れてみて試してみて自分に合うトイカメラ風写真を作っていただけたらと思います。

※オススメのphotoshop講座↓

Photoshop【画像加工編】3本セット[ダウンロード版]

収録時間 合計179分(70分+66分+43分)
内容 ダウンロード販売
ビデオフォーマット:QickTimeMP4

合わせて見たい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでshare lifeをフォローしよう!

スポンサーリンク

iTunesより簡単!Dropboxでパソコンの動画を携帯に保存する方法

チョーク風素材の使い方でこんなに印象が変わるの?!(photoshop,illustrator )

SHARE LIFEを書いています

中川憲治

動画編集やWEB関連などを当ブログに書き出して2年後、12年間働いていた消防士を辞め、自分のやりたいことを仕事にしたいと考えてWEB業界に転職する。

自身の体験談などを踏まえたブログを書くことにより少しでも読者に近づけていけたらなと思ってます。学びや気づきなど書いていきます。

スポンサーリンク

さくらとXサーバーの速度比較

最近の記事

PAGE TOP