menu

Photoshopの逆光フィルターとブラシで作った輝きを背景に馴染ませる方法

Photoshopでレンズフレアとキラキラを表現したい時ありますよね。Photoshopではたくさんブラシ素材があり、多彩な表現ができ、逆光フィルターでレンズフレアを簡単に表現できます。でも背景との色の調整がうまくできない時があると思います。そんな時、今回紹介している方法を使えば、色の調整も簡単にできます。どのような表現ができるのか下の写真をご覧下さい。最後に動画で編集方法についても解説しています。

加工前|加工後

今回編集した画像は、暗い茶色を主とした暖色系の写真であるため、それに合わせた色の調整が必要でした。黄色味がかった表現をどのようにするのか?そこのポイントに注目していただければと思います。色の調整方法だけでなく最初から編集するところを解説します。

逆光フィルターとブラシで作った輝きを背景に馴染ませる方法

編集したい画像の上に①新規レイヤーを追加して新規レイヤーに黒で②塗りつぶしを行う。

↑クリックすると拡大する

「フィルター」→「描画」→「逆光」をクリックすると、逆光のダイアログが表示されます。赤色のレンズフレアの中心に➕をドラッグすると位置を調整できます。ドラッグしたらOKをクリックします。今回はワインボトルの上部から光が反射してワイングラスを照らすのをイメージするため、左上に発光源を持って行きました。

↑クリックすると拡大する

描画モードをスクリーンにして背景画像に逆光フィルターを反映させます。

↑クリックすると拡大する

①色相・彩度を追加して②クリッピングマスクを作成します。このクリッピングマスクを作成しないと、色相・彩度の調整が背景画像にも反映にも反映されます。③色相を調整して背景に馴染むようにします。他にも彩度や明度なども調節してご自分の好みに調整して下さい。

↑クリックすると拡大する

①新規レイヤーを追加して、黒に塗りつぶします。②描画モードをスクリーンにして、③ブラシツールで星の素材を使って描きます。

↑クリックすると拡大する

①色相・彩度を追加して②クリッピングマスクを作成します。③色相・彩度・明度を調整して背景に馴染む色に調整します。

↑クリックすると拡大する

完成した画像

↑クリックすると拡大する

動画解説

今までの作業を動画でまとめました。よかったらご覧下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?逆光フィルターとブラシツールを使うことで簡単に輝きを表現できるのが理解できたのではないかと思います。しかし、背景の色と自然に馴染ませないと、不自然な感じになりますよね。今回紹介した内容はそのような時に使えるtipsだと思います。いろんな場面で利用できると思いますので、参考にしていただけたらと思います。

使用したブラシ素材

Star and Light-effect Brushes

※オススメのphotoshop講座↓

Photoshop【画像加工編】3本セット[ダウンロード版]

収録時間 合計179分(70分+66分+43分)
内容 ダウンロード販売
ビデオフォーマット:QickTimeMP4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでshare lifeをフォローしよう!

スポンサーリンク

動画解説!Encoreのライブラリを使ったメニュー画面付きDVDの作成方法

「いきなりはじめるPHP」著者谷藤賢一氏のMySQLデータベース入門講座を受けた感想

SHARE LIFEを書いています

中川憲治

動画編集やWEB関連などを当ブログに書き出して2年後、12年間働いていた消防士を辞め、自分のやりたいことを仕事にしたいと考えてWEB業界に転職する。

自身の体験談などを踏まえたブログを書くことにより少しでも読者に近づけていけたらなと思ってます。学びや気づきなど書いていきます。

スポンサーリンク

さくらとXサーバーの速度比較

最近の記事

PAGE TOP